○行政財産の使用許可及び使用料に関する規程

昭和62年3月5日

徳島市水道局管理規程第10号

(通則)

第1条 水道事業の用に供する行政財産で,地方自治法(昭和22年法律第67号)第238条の4第7項及び地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第33条第3項の規定により,使用を許可する場合の使用料及びその他の使用料に関する事項については,この規程に定めるところによる。

(一部改正〔平成19年水管規程3号〕)

(施設等の使用許可)

第2条 管理者の指定する施設等を利用しようとする者は,管理者に申請してその許可を受けなければならない。

2 申請書及び許可書の様式は,次の各号に定めるとおりとする。

(1) 申請書 別記様式第1

(2) 許可書 別記様式第2

(使用料)

第3条 前条の使用許可を受けた者は,当該財産の時価等を基準として,管理者がその都度定める額を使用料として納入しなければならない。

2 前項の使用料の納期については,管理者がその都度定める。

3 管理者が特別の事情があると認めるときは,第1項に定める使用料の全部又は一部を免除することができる。

附 則

(施行期日等)

この規程は,昭和62年3月5日から施行する。なお,この規程の施行日前に使用を許可したものについては,この規程に基づいて許可したものとみなす。

附 則(平成11年8月12日水道局管理規程第11号)

この規程は,平成11年9月1日から施行する。

附 則(平成19年4月1日水道局管理規程第3号)

この規程は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成28年6月1日水道局管理規程第8号)

この規程は,平成28年6月1日から施行する。

画像

(全部改正〔平成28年水管規程8号〕)

画像

行政財産の使用許可及び使用料に関する規程

昭和62年3月5日 水道局管理規程第10号

(平成28年6月1日施行)

体系情報
第13編 公営企業/第2章 道/第3節
沿革情報
昭和62年3月5日 水道局管理規程第10号
平成11年8月12日 水道局管理規程第11号
平成19年4月1日 水道局管理規程第3号
平成28年6月1日 水道局管理規程第8号