○徳島市緑化条例施行規則

昭和49年3月30日

規則第29号

(趣旨)

第1条 この規則は,徳島市緑化条例(昭和49年徳島市条例第23号。以下「条例」という。)の施行に関し,必要な事項を定めるものとする。

(保存樹木等の指定基準)

第2条 条例第6条第1項の規定により規則で定める基準は,次のとおりとする。

(1) 樹木については,次のいずれかに該当し,健全で,かつ,樹容が美観上特にすぐれていること。

 1.5メートルの高さにおける幹の周囲が1メートル以上であること。

 高さが10メートル以上であること。

 株立ちした樹木で,高さが2.5メートル以上であること。

 はん登性樹木で,枝葉の面積が20平方メートル以上であること。

(2) 樹木の集団については,次のいずれかに該当し,その集団に属する樹木が健全で,かつ,その集団の樹容が美観上特にすぐれていること。

 その集団の存する土地の面積が300平方メートル以上であること。

 生けがきをなす樹木の集団で,その生けがきの長さが25メートル以上であること。

(保存樹木等の指定の申請)

第3条 条例第6条第2項の規定による保存樹木等の指定の申請は,保存樹木・保存樹林指定申請書(別記様式第1号)を市長に提出することにより行うものとする。

(保存樹木等の指定の通知)

第4条 条例第6条第3項の規定による保存樹木等の指定の通知は,保存樹木・保存樹林指定通知書(別記様式第2号)を保存樹木等の所有者等に交付して行うものとする。

(標識の記載事項)

第5条 条例第7条の規定により設置する標識には,次の各号に掲げる事項を記載するものとする。

(1) 保存樹木等であることの表示

(2) 樹種

(3) 指定番号

(4) 市の表示

(5) 指定年月日

(届出)

第6条 条例第10条の規定による届出は,届出書(別記様式第3号)を市長に提出することにより行うものとする。

(保存樹木等の指定解除の申請)

第7条 条例第12条第3項の規定による保存樹木等の指定解除の申請は,保存樹木・保存樹林指定解除申請書(別記様式第4号)を市長に提出することにより行うものとする。

(保存樹木等の指定解除の通知)

第8条 条例第12条第4項の規定により準用する条例第6条第3項の規定による保存樹木等の指定解除の通知は,保存樹木・保存樹林指定解除通知書(別記様式第5号)を保存樹木等の所有者等に交付して行うものとする。

(保存樹木等に関する台帳)

第9条 条例第13条に規定する保存樹木等に関する台帳には,少なくとも次の各号に掲げる事項を記載するものとする。

(1) 指定番号

(2) 指定年月日

(3) 所在地

(4) 所有者等の住所及び氏名

(5) 保存樹木にあつては,樹種及び幹の周囲,高さ又は枝葉の面積

(6) 保存樹林にあつては,主要な樹種及び面積又は生けがきの長さ

(7) 位置図

(団地の緑化に関する基準)

第10条 条例第14条の規定により規則で定める基準は,面積が1万平方メートル以上の団地造成とする。

(工場の緑化に関する基準)

第11条 条例第15条の規定により規則で定める基準は,敷地面積が1,000平方メートル以上の工場とする。

(緑化審議会の会長及び副会長)

第12条 徳島市緑化審議会(以下「審議会」という。)に会長及び副会長を置き,委員の互選によつて定める。

2 会長は,会務を総理し,審議会を代表する。

3 副会長は,会長を補佐し,会長に事故があるときは,その職務を代理する。

(会議の招集)

第13条 審議会の会議は,会長が招集する。ただし,新たに委員が任命又は委嘱された後,最初に招集すべき審議会の会議は,市長が招集する。

(会議)

第14条 会議の議長は,会長をもつてあてる。

2 審議会は,委員の過半数の出席がなければ会議を開くことができない。

3 審議会の議事は,出席委員の過半数で決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(必要事項)

第15条 この規則に定めるもののほか,条例の施行に関し必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は,昭和49年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

徳島市緑化条例施行規則

昭和49年3月30日 規則第29号

(昭和49年3月30日施行)