○徳島市消防職員の立入検査証に関する規則

昭和57年3月30日

規則第36号

(趣旨)

第1条 消防法(昭和23年法律第186号)第4条第2項,第4条の2第2項,第16条の5第3項及び第34条第2項の規定により消防職員(消防団員を含む。以下同じ。)が立入検査をする場合に示す証票(以下「立入検査証」という。)の発行については,この規則の定めるところによる。

(一部改正〔平成24年規則46号〕)

(発行)

第2条 立入検査証(別記様式第1号)は,市長において必要と認める消防職員に対してこれを発行する。

(有効期間等)

第3条 立入検査証の有効期間は,発行の日から5年とする。ただし,市長が必要と認めるときは,その期間を短縮することができる。

2 市長は,立入検査証を交付した場合は,立入検査証交付台帳(別記様式第2号)に登載し,常にこれを整理しなければならない。

(一部改正〔令和3年規則75号〕)

(取扱い)

第4条 立入検査証の交付を受けた消防職員は,立入検査証を慎重に取り扱うこととし,これを他人に貸与し,又は必要なとき以外に使用してはならない。

(追加〔令和3年規則75号〕)

(訂正)

第5条 立入検査証の交付を受けた消防職員は,立入検査証の記載事項に変更を生じたときは,立入検査証を市長に提出し,訂正を受けなければならない。

(一部改正〔令和3年規則75号〕)

(再交付)

第6条 立入検査証の交付を受けた消防職員は,立入検査証を紛失し,又は破損したときは,速やかに立入検査証再交付願(別記様式第3号)を所属長を経て市長に提出して,再交付を受けなければならない。

(一部改正〔平成24年規則46号・令和3年75号〕)

(返納)

第7条 立入検査証の交付を受けた消防職員は,消防職員の身分を失ったときは,直ちに立入検査証を所属長を経て市長に返納しなければならない。

(一部改正〔平成24年規則46号・令和3年75号〕)

附 則

この規則は,昭和57年4月1日から施行する。

附 則(平成14年10月23日規則第60号)

この規則は,平成14年10月25日から施行する。

附 則(平成24年12月26日規則第46号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(令和3年6月30日規則第75号)

この規則は,令和3年7月1日から施行する。

(一部改正〔平成14年規則60号〕)

画像

(一部改正〔平成24年規則46号〕)

画像

(追加〔平成24年規則46号〕,一部改正〔令和3年規則75号〕)

画像

徳島市消防職員の立入検査証に関する規則

昭和57年3月30日 規則第36号

(令和3年7月1日施行)

体系情報
第14編 消防・国民保護・公安/第1章 防/第2節 消防職員等
沿革情報
昭和57年3月30日 規則第36号
平成14年10月23日 規則第60号
平成24年12月26日 規則第46号
令和3年6月30日 規則第75号