○徳島市社会教育指導員規則

昭和55年5月26日

教育委員会規則第5号

(設置)

第1条 社会教育の指導層の充実を図るため,本市に社会教育指導員(以下「指導員」という。)を置く。

2 前項の指導員は非常勤とする。

(指導員の任命)

第2条 指導員は,次の各号に該当し,かつ,適当と認める者のうちから教育委員会が任命する。

(1) 健康で,かつ活動的であること。

(2) 年齢は65才未満であること。

(3) 社会教育又は学校教育に関する経験を有し,社会教育に関する識見と指導技術を身につけている者であること。

(免職)

第3条 教育委員会は,指導員が次の各号の一に該当したときは,その任期中であつても免職することができる。

(1) 病気その他の理由により,その業務に従事することができなくなつたとき。

(2) 指導員としてふさわしくない非行があつたとき。

(3) その他不適当と認める事由があるとき。

(指導員の業務)

第4条 指導員は,次の各号に掲げる業務に従事するものとする。

(1) 社会教育の特定分野についての直接指導と学習相談に関すること。

(2) 社会教育関係団体の育成等に関すること。

(3) その他社会教育振興に関すること。

(委任規定)

第5条 この規則に定めるもののほか,指導員の服務規律等について必要な事項は,別に定める。

附 則

この規則は,公布の日から施行する。

徳島市社会教育指導員規則

昭和55年5月26日 教育委員会規則第5号

(昭和55年5月26日施行)

体系情報
第12編 育/第5章 社会教育
沿革情報
昭和55年5月26日 教育委員会規則第5号