○徳島市建築審査会条例

昭和54年3月29日

条例第17号

(趣旨)

第1条 この条例は,建築基準法(昭和25年法律第201号。以下「法」という。)第83条の規定に基づき,徳島市建築審査会(以下「審査会」という。)の組織,議事その他審査会に関して必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 審査会は,委員7人をもつて組織する。

(委員の任期)

第3条 委員の任期は,2年とする。ただし,補欠の委員の任期は,前任者の残任期間とする。

2 委員は,再任されることができる。

3 委員は,任期が満了した場合においては,後任の委員が任命されるまでその職務を行う。

(追加〔平成28年条例20号〕)

(会議の招集)

第4条 審査会の会議(以下「会議」という。)は,必要のつど会長が招集する。

2 会長は,会議を招集する場合は,あらかじめ,審議事項及び期日を定めて開会の日の2日前までに,委員に通知しなければならない。ただし,急施を要する場合は,この限りでない。

(一部改正〔平成28年条例20号〕)

(議事及び議決)

第5条 会議の議長は,会長をもつて充てる。

2 会議は,委員の定数の半数以上が出席しなければ開くことができない。ただし,法第82条の規定による除斥のため半数に達しないときは,この限りでない。

3 会議の議事は,出席委員の過半数で決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(一部改正〔平成28年条例20号〕)

(関係者の出席)

第6条 審査会は,必要があると認めるときは,関係者の出席を求め,説明又は意見を聞くことができる。

(一部改正〔平成28年条例20号〕)

(会議録)

第7条 会長は,会議録を調製し,会議の次第及び出席委員の氏名を記載しなければならない。

2 会議録には,会長及び出席委員2人以上が署名押印しなければならない。

(一部改正〔平成28年条例20号〕)

(雑則)

第8条 この条例に定めるもののほか,審査会の運営に関し必要な事項は,審査会に諮つて会長が定める。

(一部改正〔平成28年条例20号〕)

附 則

この条例は,昭和54年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月18日条例第20号)

この条例は,平成28年4月1日から施行する。

徳島市建築審査会条例

昭和54年3月29日 条例第17号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第11編 設/第3章 土木・建築
沿革情報
種別なし
昭和54年3月29日 条例第17号
平成28年3月18日 条例第20号