○徳島市墓地条例施行規則

昭和57年3月1日

規則第7号

(通則)

第1条 徳島市墓地条例(昭和56年徳島市条例第31号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項は,この規則の定めるところによる。

(利用承諾の申請)

第2条 条例第5条の規定により墓地の利用の承諾を受けようとする者(以下「申請者」という。)は,墓地利用承諾申請書(別記様式第1号)に次の各号に掲げる書類を添えて市長に申請しなければならない。

(1) 焼骨の埋蔵をする場合にあつては,死亡者と申請者との続柄がわかる戸籍抄本又は除籍抄本

(2) 申請者の住民票の写し

(3) 火葬許可証又は改葬許可証

(4) その他市長が必要と認める書類

(利用の承諾)

第3条 市長は,前条に規定する申請書の提出があつたときは,これを審査し,適当と認めたときは,墓地利用承諾書(別記様式第2号)を交付するものとする。

(埋蔵又は改葬の届出)

第4条 現に墓地を利用している者が,焼骨の埋蔵又は改葬をしようとするときは,火葬許可証又は改葬許可証を添えて市長に届け出なければならない。この場合においては,墓地利用承諾書を市長に提示しなければならない。

(墓地利用権の承継の届出)

第5条 条例第8条の規定により墓地利用権の承継をしようとする者は,次の各号に掲げる書類を添えて市長に届け出なければならない。

(1) 承継をしようとする者の住民票の写し

(2) その他市長が必要と認める書類

(工作物等の高さの制限)

第6条 利用者が墓地に工作物等を設置する場合は,当該工作物等の高さを2メートル以下としなければならない。

(工作物等の設置,改造の届出)

第7条 利用者が工作物等を設置又は改造しようとするときは,設計図書及び仕様書を添えて市長に届け出なければならない。

2 利用者は,前項の工作物等の設置又は改造工事が完了したときは,速やかに市長に届け出なければならない。

(住所,氏名の変更の届出)

第8条 利用者は,住所又は氏名を変更したときは,遅滞なく住民票の写しを添えて市長に届け出なければならない。この場合においては,墓地利用承諾書を市長に提示しなければならない。

(再交付の申請)

第9条 利用者は,墓地利用承諾書を紛失,き損又は汚損したときは,市長に申請し,墓地利用承諾書の再交付を受けなければならない。

(返還)

第10条 利用者は,条例第11条の規定により墓地を返還しようとするときは,墓地利用承諾書を添えて市長に届け出なければならない。

(承諾の取消し)

第11条 市長は,条例第12条の規定により墓地の利用の承諾を取り消すときは,その旨を利用者に通知するものとする。

(届出書及び申請書等の様式)

第12条 この規則に定めるもののほか,必要な届出書及び申請書等の様式については,別に定める。

附 則

この規則は,公布の日から施行する。

画像

画像画像

徳島市墓地条例施行規則

昭和57年3月1日 規則第7号

(昭和57年3月1日施行)