○徳島市名誉市民条例

昭和28年2月3日

条例第4号

第1条 本市民又は本市に出生した者で,社会文化の進展に著しく貢献したものに対し,徳島市名誉市民の称号を贈り,その功績を表彰する。

2 前項に定める徳島市名誉市民は,議会に諮つて決定する。

(一部改正〔昭和53年条例36号〕)

第2条 前条に定めるほか,市長は,外国人で本市と特別の縁故を有し,国際的親善に貢献したものに対し,徳島市名誉市民の称号を贈り,その功績を表彰することができる。

(全部改正〔昭和53年条例36号〕)

第3条 徳島市名誉市民に対しては次の待遇をすることができる。

(1) その事績を永く伝える方途を講ずること。

(2) 徳島市の施設使用について特典を与えること。

(3) 名誉市民としての栄誉を維持するために,その生活に対し特典を与えること。

(4) その他適当と認める待遇

(一部改正〔昭和53年条例36号〕)

第4条 この条例の施行について必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(昭和37年2月7日条例第1号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(昭和53年10月19日条例第36号)

この条例は,公布の日から施行する。

徳島市名誉市民条例

昭和28年2月3日 条例第4号

(昭和53年10月19日施行)

体系情報
第1編
沿革情報
昭和28年2月3日 条例第4号
昭和37年2月7日 条例第1号
昭和53年10月19日 条例第36号